ブリーチした髪をケアする方法やおススメ脱色剤、ケアグッズなどを紹介するサイト

ブリーチでの髪の傷み方や、ケアの方法など

ブリーチ直後に行いたいケアなどについて

ブリーチで髪の毛の色素を破壊する過程で、キューティクルや栄養分も壊してしまいます。
何度もブリーチをすると髪が酷く痛んでしまい、脱毛の原因にもなります。
そのため、ブリーチ直後のケアは「髪を労わってあげる」ことが大事になります。
先にブリーチの方法を解説しましたが、その際にぬるま湯で洗い流すとお伝えしました。
その時に行って頂きたいのがトリートメントでケアをすることです。
更にポイントとしては、ぬるま湯で洗い流してからタオルで軽く水気を取り、その後アウトバストリートメントを使用して頂くことです。
アウトバストリートメントの方が、傷んだ髪をより長く保護してくれます。
ただし、もちろん髪のダメージ自体は蓄積されていくので、ブリーチは極力1回だけに留めましょう。
また、髪が濡れたままでもダメージが残るので、最後は髪をとかし、根本→中間→毛先の順に上から下へ丁寧にドライヤーをしましょう。

更に後に行いたいケアについて

美容院に行きましょう。
髪のプロに、髪の毛のダメージの状態を見てもらうこともありますが、もうひとつ大事なアフターケアが待っています。
それは「傷んだ毛先をカットしてもらう」という作業です。
ブリーチをすることで、いちばん最初に、ハッキリとダメージが出てくるのは、毛先です。
傷んだ毛先をそのままにしておくと、そこから髪全体へのダメージが広がっていってしまいます。
その為、美容院で傷んだ毛先をカットしてもらう事が大事です。

また、これはブリーチの前、そもそもの習慣としての話になりますが、タンパク質を常日頃から摂っておくことで、髪の毛に常に栄養を与えて、ブリーチでのダメージを少しでも減らすことを心がけましょう。
タンパク質を多く含んだシャンプーやトリートメントの使用も良いですね。
髪の毛は一回傷んでしまうと、良い状態には戻りません、常日頃のケアを大事にして下さい。


この記事をシェアする